敏感肌 洗顔法

敏感肌の洗顔方法!注意点を解説!

 

 

敏感肌なら荒れるのが怖いといったことで、洗顔数を極端に減らしてしまう方もいます。

 

それよりまず肌をいい状態にして、老化を速めないために然り洗顔方法を知っておき、実践しましょう。

 

メークがするっと落ちるクレンジングは洗浄力が強い以外に敏感肌にとって強い刺激になり、拭き取るシートタイプのメイク落としもシート摩擦で肌を傷つけてし合いますから注意しましょう。

 

 

そしてクリームタイプ、液状タイプの洗顔料の中で油分を含むものがたくさんあって、界面活性剤は、水で流してもその作用を失わず肌にのこりやすいです。

 

さらに肌の中へ浸透し、強い式になり、敏感肌の方はしみる感じがあります。

 

 

良いのは固形石鹸で、これは界面活性剤が使われてますが、合成でなく天然のが使用されてます。

 

天然界面活性剤は脂分とくっついたりすれば働きを失い、肌へ刺激が少なく水で流せて、しっかりすすぐことで残ることはないでしょう。

 

 

洗顔で大事なのは泡の細かさで、ネットをつかってもちもちした弾力ある泡を作ってください。

 

手が直接肌に触れないようにしましょう。洗顔料がなじむと汚れが浮き上がり、こすることもないです。

 

 

順番を大切に

 

泡をのせる順位も注意しましょう。まず皮脂が多く分泌される額、次に頬、あごなど広い範囲。最後にデリケートな目元や口元。

 

顔全体が泡に包まれ汚れが浮き上がれば洗い流しをして、つい熱い湯で流してしまうものですが、我慢しましょう。

 

暑い湯で流せばその後乾燥しやすくなります。

 

 

かなり水に近いぬるま湯で20回ぐらい丁寧に泡を落としていきます。

 

そして泡のするっとした感じがしなくなったら清潔なタオルで軽く抑えるように水気をとってください。

 

 

そして、弱酸性洗顔料は敏感肌の特徴の肌の上で細菌が増えやすい状態で肌をきれいに保たなければならないのに、突っ張らないが汚れをしっかり落とせない矛盾が生まれます。

 

なので、健康に保ちにくくて、いつまでも不健康な肌になる状態を生み出します。