敏感肌 スキンケア

敏感肌による妥協しないスキンケアを解説!

 

スキンケア

 

20代前半に一人暮らしを始めた頃から、私は急に肌が敏感になり肌荒れがひどくなりました。

 

特に体の中でも一番薄いといわれる目の周りの皮膚が、ひりひりして赤く腫れるようになりました。

 

いつも通りの何年も使用しているスキンケア製品で、使っている化粧品も何も変えていないのに肌荒れするようになったので、最初はスキンケア製品のせいだとは気づかず、ストレスによる肌荒れだと思っていました。

 

 

原因はスキンケア製品!?

 

慣れない一人暮らしと新しく始めた仕事のせいでストレスが溜まっているのは事実でした。

 

食事も適当に済ませていたので、食生活の乱れも関係しているのでは?と思っていました。

 

そして、何日経っても赤みが引かず、かゆみも出てきたので皮膚科を受診してみたのです。

 

 

そこで言われたのは、ストレスや食生活ももちろん関係しているかもしれないが、今使用しているスキンケア製品や化粧品が原因の可能性が高いと言われました。

 

きっかけは分からないことが多いけれど、今まで使用していたスキンケア製品や化粧品が突然合わなくなることはよくあるとのこと…。

 

 

高額で購入した某有名化粧品メーカーの、まだ使いかけの化粧水や乳液、美容液もたくさん残っていたので、とてももったいない気持ちでいっぱいでしたが、思い切って全て使用をやめ、敏感肌用のスキンケア製品に買い換えました。

 

そして、ラメやグリッターなど肌に刺激の強そうなアイシャドーは使用をやめました。

 

敏感肌用のスキンケア製品にチェンジ

 

敏感肌用スキンケアに変えたその日から、驚くほどみるみる目の周りの赤みは引いていきました。

 

使用感も肌に優しい感じがして安心感がありました。

 

これまではデパートなどで15,000円くらいかけてスキンケア製品を購入していたのですが、敏感肌用スキンケア製品はドラッグストアなどで購入でき、価格もだいぶ低価格です。

 

 

スキンケア製品にお金がかからなくなったのは嬉しいのですが、いくら肌に優しいとは言っても、高額なスキンケア製品とくらべて美白効果や毛穴の引き締め効果など、色々な効果が無ければ肌は衰えてしまわないかと心配でした。

 

しかし、また目の周りが腫れたらどうしようという恐れで、しばらくは他のスキンケア製品には全く手を出すことができませんでした。

 

自分に合った敏感肌でも使えるスキンケア製品探し

 

肌トラブルが出てしまうのは怖いけど、やはりドラッグストアのスキンケア製品では、高級デパートのスキンケア製品と比べて将来的に違いが出てしまうのではないかという焦りがあった私。

 

ネットで情報収集するようになり、レビューや商品情報を念入りに調べ、海外のオーガニックスキンケア製品にたどりつきました。

 

 

最初は半信半疑で使用を始めましたが、肌に合っていたようで、肌トラブルが無いままシミやたるみを改善してくれている効果を実感できています。

 

お試し用のスキンケアキッドを使用してみるのが、一番効果が分かりやすいですね。

 

 

乳液はいまだにドラッグストアで買える敏感肌用スキンケア製品を気に入って使用しています。

 

今後も色々慎重に使い比べて、敏感肌なりのスキンケアを追及していきたいと思います。